【ワーホリで退職を決めた理由】社会人9年目の私が仕事を辞めてギリホリへ行くのはなぜか?

hinata私は社会人として9年目を迎えましたが、2020年中に仕事をスッパリと退職し、カナダへワーホリに行こうと計画しています。
30歳になって安定してきた仕事を辞めるともなるとやはり周りからは驚かれました。今回は、私が仕事を辞めてギリホリへ行く理由をまとめてみました。

私について

  • ワーホリ初めて
  • 留学経験や英語関連の経験無し
  • ワーホリ行きたいけど、今働いている
  • ギリホリ

社会人の私が仕事を辞めてギリホリへ行く理由

自己紹介

  • 大学→管理栄養士免許取得→病院と特養で勤務。
  • 英語について→今までは特に外国に興味もなく、英語文化に全く関わってきていませんでした。高校の時にオーストラリアとの交換留学プログラムがありましたが、当時は外人と話す?こわい。と思ってました…。
関連記事

自己紹介 名前→hinata 出身→日本。雪が降る田舎 経歴 高校 商業系 大学 栄養系 就職歴 管理栄養士。これまで病院、ケアハウス、特養で勤務。管理栄養士免許は、学校卒業後に[…]

海外旅行した時、英語力が皆無で不自由だと思った

今まで全く海外に興味が無かったのに、なぜワーホリ欲が出て来たのかというと、2つの旅が関係してきます。

ひなた

1人でグアム行った

現地には友達が先に行っていて、その子達が待つホテルまで自力で行くというミッション。

初めてです、自分で航空券を手配し、1人で現地入りしました。

まあ慣れてないもので半泣きでした。見た感じ周りに日本人居なかったですし、一人ぼっちで恐怖でしか無かったです。

キャッシュカードでお金が下せず、空港から出てホテルに着くだけなのに2時間ほど余分な時間使いました。(苦笑)

 

ひなた

ヨーロッパ旅行に行った

会社内で異動があったので、特別に有休を貰って友達と2人でベルギー&フランス旅行に出かけました。そこでも英語力の無さで迷走。

パリでは英語が分からない為に、黒人に絡まれて怖い思いをしました。

買い物の時も英語が伝わらず・・・

強めの「ハ?」が店員さんから返ってきた言葉で、強烈でした。

イラっとしたら顔に出る言葉に出る。常にニコニコしている日本の接客とは違っていて

とても自然で良いなあ~とその時カルチャーショックを受けました。

他にも外国の食べ物、建物、アート、文化はとても新鮮でワクワクしました。

関連記事

[adcode] ベルギーの虜になってしまったhinataです。 私の夢の一つに『ベルギーに行きたい』があり、実現する事が出来ました。バレンタインでもないのに日本でもチョコレート専門店に通うのはこの私です。笑 ひな[…]

仕事のストレスで現実逃避したくなった

2019年、職場内で定年退職者に伴う人事異動が発令されて、新しい場所へ配属となりました。

この人事異動が私がワーホリを決めた一番の要因です。

ひなた
病んだ。

初めてモラハラという言葉をググり、労働監督署も調べ、起こった出来事を記録し、何かあっても対応できるように備えていました。

毎日疲弊していて、こんなになってまで、働く必要があるのか?と毎日思っていました。

 

異動してきたばっかりなので耐えてましたが、

ストレスが溜まるんですね人間って。嫌な事は体が拒絶します。

  • ベッドから起き上がれなくなって仕事を休んだ
  • 上手く寝られなかった(夜明け前に目が覚めて二度寝出来ない、夜中何度も起きる、眠くならない)
  • 急に呼吸が苦しくなる(呼吸の仕方が分からなくなって外を全力疾走した事もあります)

精一杯働いても、税金は大量に取られるし・・・苦しさでいっぱいになりました。

日本以外で働くとどうなんだろう?という考えが沸き起こってきました。

ワーホリの存在を知った

29歳になるまでワーホリという存在を知りませんでした。(名前は聞いた事あった)

1年の期限付きだけど、現地に住める+働ける

なんて凄いと思いました。

ワーホリは今現在、多くが申請時に30歳までという年齢制限があるので、チャンスは無限でないわけです。

物凄いストレスを抱えている今、そして自分にも間に合うチャンスがあるんだと知りました。

 

人生は1度だけ

介護の現場で働いていると、不自由な場面をたくさん見ます。歩けない、話せない、口から食べられない、オシメ生活、頭はしっかりしているけど体が不自由、持病等、その人ごとの抱えている問題が膨大にあります。若いから大丈夫はありません。

 

先延ばしにしていつかやろうとしている事が出来るとは限らない。その時々で、自分の納得した選択で、やりたい事をやろう。

と考えるようになりました。

 

最近ずっと、『世界中に行ってまだ見た事のない景色を見たい』と漠然と思っていました。

その夢は、働いていると淡々と日々を消費するだけで、このまま年を重ねていき、いつ行けるとも検討がつかない。

この仕事を辞める今の機会がチャンスだと思いました。

 

まとめ【ワーホリで退職を決めた理由】

日本以外を知りたい

海外旅行で不自由しない英語力を身につけたい

この機会に世界中を旅する

休養する

以上、ざっくりと私がワーホリを決めた理由でした。社会人9年目の私が仕事を辞めギリホリへ行くというのは、

周りの友達を見ても少数派の行動かなと感じます。女性は特に結婚出産などあるので、年齢が気にかかるのは必然だと思います。

hinataでも私は何歳でも挑戦がしたいです。

ホリデーの要素も強めで一旦羽を伸ばしてきたいです。どんな体験になるでしょうか。

 

ひなた
多くの日本の若者も参加してるでの世界一周もありますよ。↓

ピースボート地球一周の船旅
【無料で資料請求】はここからチェック

 

ブログランキング参加しています↓

良かったらポチっと応援をお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへにほんブログ村

 

関連記事

[adcode] ひなた ワーホリをするにあたって行き先を考えます。 現在(2020年2月)、選択肢は26カ国あります。(4月から新たにスタートのオランダも入れてます) 今回は、自分なりに重視したポイントを紹介し[…]

関連記事

ひなた こんにちは、hinata(@hinatawrite)です。 私は、今年2020年2月に自力でカナダビザの取得に成功しました。 カナダへワーホリに行こうと決めた後に、最初にやらないといけないのがビザ([…]

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); [avatar user="hinata" size="40" align="left" /]これまでカナダワーホリ[…]

関連記事

こんにちは、ロックフェス大好きなhinataです。 今回は、夏の風物詩ロッキンジャパン(ROCK IN JAPAN FESTIVAL)に行ってきた時のレポートをしたいと思います。  2020年3月18日、ついに今年最初のチケット抽選[…]

最新情報をチェックしよう!
>日向ぼっこ

日向ぼっこ

written by hinata